--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/22

パソコン購入がエザルに入るきっかけに

辞めて、じっくり過去を振り返ったら、パソコンを買わなかったらエザルに入ってトランペットを吹くことはなかったかも。

2001年暮れにパソコンを買い、高校の友達に同窓会サイトゆびとまを教えてもらい、自分の卒業の学校へ登録しました。

小学校の友達が登録していてメール交換が始まりました。
2002年7月、21年ぶりクラス会を開くことになり、小学校の女友達と再会。彼女もトランペットを吹いてます。

2003年4月に調布市青少年吹奏楽団の団長さんの追悼で歌を歌うって企画があり、女友達から行かない?って誘いがあり、ひさしぶりだったんで参加をしてみた。
そこで、Y代表、容姿も変貌した(笑)姿で再会。
控え室で吹いてみない?って言われたが、即答で断る。

2003年5月第1回定期演奏会を見に行きました。
すぐ、Y代表にメールして、演奏がよかったと報告。
見に来るんじゃなく、吹きに来なさいと言われ(笑)
見学に行きました。そうしたらやってみようかと参加。

★パソコンを購入しなければネットは、見なかった
★友達にゆびとまってサイトを教えてもらわなかったから小学校の友達と会うことがなかった
★調布市青少年吹奏楽の歌に仕事が忙しかったら参加しなかった。
★第1回定期演奏会を見に行かなければY代表にメールすることがなかった。
★★★すべて偶然なのか、僕の行動1つが違っていたらエザルに入ることはなかったんだなあと思いました。★★★


今思うと今以上に下手くそなのによく参加したなあと思います。
ちょうどトランペットを吹けたらなと思っていたところだったんです。
クラシックが嫌いだったんで、サンバならと。
難しくて付いていくのがやっと。
下手ながら毎週練習に行くのが楽しかったです。
中の事情がわかってくるといろいろ不満も出てきたりして、、、。
第3回の定期のあとトラの参加によって演奏会をするのを嘘エザル発言をしてしまい、メンバーの人に不愉快な思いをさせたこともありました。
その発言をしたことによって、同じ舞台に立つんだから楽しく吹くことにしようと変わりました。細かいことを気にしないように吹いてたつもりです。
4年間でたくさんの人が辞めていき今現在残ってる人は、本当にエザルが好きなんですね。
残ってる人には、本当に励まされ、時に褒めてもらったり、楽しく吹くことができました。

お客さんに辞めましたって話をしたら、寂しいでしょう、他の趣味を持たないとねって。
長期休むのと、辞めるのとこんなに気持ちが違うのかなあと感じました。休むって形でもよかったのかなあとか、中途半端はだめっていう自分が(笑)存在。
また吹ける時が来るかわかりませんが、当面は、仕事をがんばらないと(笑)



1つの行動で未来の出会いが変わるんだなと。
これからも、行動、出会いを大切にしないとだめですね。


下手な文章最後まで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。